【坂がキツイ】高輪ゲートウェイ・白金高輪・高輪台の住みやすさを地理的に考える

生活


今回は白金高輪、高輪台・高輪ゲートウェイ周辺の住みやすさなどについて地理的観点からメモします。
引越し検討している方には有益かもです。
間違いのある部分もあるかもしれません。ご了承ください。

さて、これから説明する街は以下をターゲットにしています。

坂が多い件について

高輪周辺はかなり標高差が激しい地域になります。
引っ越ししたときに、思ったよりも坂がきついなど、後悔する可能性があるので、事前によく調べましょう。
以下の地図は標高ごとに色分けしたものになります。(国土地理院の地図から作成)

高輪ゲートウェイ駅から高輪台駅まで行くと、25mの標高差ですし、
白金高輪駅周辺には「魚らん坂」という坂がありますが、17mの標高差があります。

17mって普通の自転車で登るとかなりしんどいです。
以下は、Googleのストリートビューから持ってきた魚らん坂の画像ですが、ここを自転車で下ると、とてもスピードが出ますw

対策としては電動自転車やバイクや自動車を使うことになります。また、バスも多く走っているので、バスを利用すれば、楽です。

魚らん坂

高台に住んでいる人は高輪台駅や白金台駅を利用すると便利です。
また、白金高輪駅には高台まで行けるエレベータがあるので、それを利用するなら便利です。
他のJRの駅と、泉岳寺駅に関しては、下る分には良いですが、帰りは大変です。
とはいっても、自転車だときついですが、歩けばうんざりするほどではないです。

人によって坂についての考え方は変わってくると思うので、自転車か徒歩で確かめるのもいいと思います。

午後になると飛行機の音が続く件について

最近、羽田空港に着陸するルートに新しく都心上空ルートが追加されました。
高輪地域は羽田空港に近いので、なかなかの騒音がします。
夜は飛行しませんが15時~19時くらいまでの間で旅客機がかなりの音で飛行します。
国土交通省のページで以下のように説明ありました。

年間約4割吹くとされている南風時は、15時~19時のうちの約3時間程度運用しております。

https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/action/#01

4割とはいってますが、実際のところ3日に2日くらいな気もします。(私個人のイメージ)
都心上空ルートも滑走路2つ分あるので、同時に飛行機がやってきたりします。
詳しいことは以下にあります。

国土交通省の図によると、高輪周辺では600mくらいで旅客機が飛行しています。
これはスカイツリーくらいの高度なのですが、かなり近く感じます。

高層マンションになると、音が大きくなる可能性もあり、タワマンを購入されようとしている方は、騒音問題による下落リスクも注意したほうがいいかもです。

私は飛行機が好きなので、飛行機騒音問題については寛容的でしたが、テレワークで会議中に飛行機の音が入ったりするのは気になります。

津波・液状化には強い

標高が高いおかげもあり、高輪は津波リスクはほとんどありません。
ただし、JRの線路より海側の地域は注意です。

さらに、液状化にも強いです。
標高の高い場所は特に強いみたいですが、JRの線路より海側では液状化の危険度が高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました